ゴスリングス バミューダラム

ゴスリング家の歴史

ロンドンのワイン&スピリッツ商、ゴスリング一家は、1806年春、1万ポンドの酒類を船に積み、アメリカへ向かいました。
途中3ヶ月間もの凪に会い、近くのバミューダ諸島へ一時寄港したのがラム酒事業の始まりです。
バミューダ諸島は北大西洋に在る英国の海外領土であり、同社は首都ハミルトンに200年、7代続く最大規模のファミリー企業で、現在も数種類のラム酒を生産しています。

製造工程

製法は二通りあります。
一つはさとうきびの搾り汁を煮詰め、砂糖の結晶を分離し、残った母液の糖蜜を水で薄め、これにイーストを加え発酵させ蒸留する方法。
もう一つは、さとうきびの搾り汁をそのまま水で薄め、発酵させ蒸留する方法。
蒸留器は旧スペイン領では連続式が多く、単式蒸留器を使うのは旧イギリス領が多いのが特徴です。
熟成にはホーロー・タンクや樫樽が使われが、ゴスリング・ラムの場合、糖蜜を複雑発酵させ、 単式蒸留器で蒸留後、 バーボンの古樽で長期熟成します。

GOSLING’S BLACK SEAL  ゴスリング社の看板ブラックラム





メーカー : ゴスリング社(GOSLING BROTHERS LTD)
原産国 : イギリス領 バミューダ島
商品カテゴリー: ブラック・ラム
容量 : 750ml、1000ml
アルコール度 : 40%
入数 : 12本入
主な原料 :さとうきび

「Dark and Stormy ®」 は、 このブラックシールラムとGinger Beerのカクテルで、バミューダ、オーストラリア等の英国連邦諸国では、ナショナル・ドリンクとして人気です。



GOSLING’S BLACK SEAL 151 「最強」の樽出しブラックラム




メーカー : ゴスリング社(GOSLING BROTHERS LTD)
原産国 : イギリス領 バミューダ島
商品カテゴリー: ブラック・ラム
容量 : 750ml、1000ml
アルコール度 : 75.5%
入数 : 12本入
主な原料 :さとうきび

「ブラックシール 151」は、ゴスリング家の誇る、最強の樽出しブラックラムです。
151という数字は151プルーフの意味で、アルコール度数75.5%という意味です。
75.5%という驚異的なアルコール度数でありながら、エレガントな熟成香があり、味わいは驚くほど、まろやかで芳醇な逸品で、通なラム愛好家に自信を持ってお薦めする究極のラムです。
お洒落で多彩なラムカクテルの希少な素材として、プロのバーテンダーの方達からも高い評価を受けています。

GOSLING’S FAMILY RESERVE 一族秘蔵の最高級ブラックラム

メーカー : ゴスリング社(GOSLING BROTHERS LTD)
原産国 : イギリス領 バミューダ島
商品カテゴリー: ブラック・ラム
容量 : 750ml
アルコール度 : 40%
入数 : 12本入
主な原料 :さとうきび







“ファミリー・リザーブ” は、文字通り、ゴスリング家の一族専用の極上秘蔵ラムでした。
約一世紀半に渡り、一族の行事等の大事な場面でのみ、大切に飲まれていた、一族だけの宝物だったのです。

ところが、いつのまにかこの秘蔵ラムが評判となり、2003年にアメリカで初デビューし、2年連続ワールドスピリッツコンペティションで金賞を受賞するという華々しいデビューを飾り、現在に至ります。
全て手造りで、糖蜜を複雑発酵させ、単式蒸留器で蒸留した後、バーボンの古樽で長期熟成します。

メイプルシロップや、カラメルソースの様な甘い美味しそうな香りがします。
芳香はとても強く、エキゾチックフルーツやスパイスのニュアンスもあり、鼻を近づけなくても強い香りが広がります。
口に含むとまったりとしており、奥深い旨味が口中に広がり、トフィキャンディや、焦がしたバターのを思わせるアロマが口を占領します。
バランスがとても良く、余韻はキレが良く、またすぐにもう一口飲みたくなります。

【お洒落な容器にも注目です】
ラム酒では初めてシャンパンの容器をつかい、手書きのラベルに重厚な金属ベルトを巻いて、熟練工による木箱収納で仕上げています。
ゴスリング家が7代にわたって伝承し、心血を注いだ最高傑作です。